★TOPICS★

ボタニカルキャンドルの灯し方や取り扱いしているアイテムの使用方法、お手入れ方法などをお知らせします。

また、よくいただくご質問や使用している材料の紹介などもこちらで随時更新します。

キャンドルの特徴

Atelier44では『Flower』『Green』『Botanical』をテーマにしているのでボタニカルキャンドルやお花を使ったアロマワックスサシェをメインで展開しています。

ボタニカルキャンドルの一番の特徴は燃焼部分を植物由来の「ソイワックス」(大豆が原料)で制作している事です。

「ソイワックス」はススや消した後の匂いも少なく、空気清浄効果があると言われています。低温でゆっくり溶けていくのでふんわりアロマが広がります。

また、一般的なロウソクの原料である「パラフィンワックス」(石油が原料)製に比べ優しい灯りで燃焼時間が長い事もポイントです。(一部パラフィンワックスで制作しているものもあります。)

キャンドルの香り

Atelier44では、キャンドル専用の香料を使用しています。(精油は引火点が低く揮発しやすいため)

定番の香り7種と、季節ごとなどでプラス2、3種ご用意しています。(新しく追加されたり取り扱い中止になる場合もあります)

キャンドルのサイズ

数種類のサイズでボタニカルキャンドルを制作しています。

<Regular> 

・Sサイズ…直径 約6cm 高さ 約9cm

・MLサイズ…直径 約8cm 高さ 約12cm

・Lサイズ…直径 約6cm 高さ 約17cm

・Aサイズ…直径 約7cm 高さ 約5cm

・Wサイズ…直径 約9cm 高さ 約9cm

<Irregular>

・MWサイズ…直径 約8cm 高さ 約10cm

・Bサイズ…直径 約9cm 高さ 約6cm

・Cサイズ…直径 約12cm 高さ 約7cm

キャンドルの灯し方

【灯す前の確認事項】

①ラッピングや紙帯を外して、耐熱性のキャンドルホルダー、トレイなどの上でご使用下さい。

②芯の長さは、キャンドルの大きさや直径により異なりますが5mm~7mm位にカットして下さい。一般的に芯は短いと炎は小さく、長いと大きくなります。

③火は芯の根もとにつけ、常にまっすぐになるよう中心位置に保って下さい。もし中心からずれてしまったときは、一旦火を消してから割り箸などを使い芯を中心に戻してください。炎の位置が偏ると、一か所だけ早く溶けてしまいます。

上記のようなことは、商品付属の注意事項をまとめた用紙や別ページに「取り扱い注意事項」として詳細を載せていますのでご使用前に必ずご確認下さい。